FC2ブログ

記録帖

基本的に自分が読み返す用の記録ブログ ゲーム感想・読んだ本(ラノベ中心)の感想・評価・購入履歴という感じの雑記

Category: 本レビュー  
51SV_6O5gJL.jpg 131097953.jpg
魔王編・手下編 それぞれの後日談番外編です

ハーティアはトトカンタの魔術師同盟の代表になり秘書にはあのもぐりさん呼ばわりしてたラシィ

フェンランディ一家はさらに過疎地へ行き家族経営のなんでも屋をはじめ再出発。レキ視点が面白かったです

プルートは弟子をとり牙の塔の追ってから逃げる逃亡生活へ

マジクはオーフェン達とは別れサルア市王の側近になるが、カーロッタ村の出来事をきっかけにオーフェンの後継者になることを決意

エバーラスティン家は地人の活動に手を貸している?のかな。ボルガン兄弟も変わらずの模様

そして取り残されたレティシャは戻らなくなった子供たちに嘆き20年ぶりの癇癪で夫婦喧嘩
避けていたオーフェンや子供たちに会いに行くことを決意する

物足りなさを感じますが、まあ仕方ない。オーフェン一家の話をもっと読みたくはありました
後日談の後日談はさすがにないかな。長かったオーフェンシリーズもこれで終わり。お疲れ様でした
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学


Category: 雑記  
321712000042.jpg
1050P!!!!!!!!!と長かったですが満足。この後に違うの読むと短いって感じるのが難点なところ
境界線上のホライゾンのいいところは引き伸ばしがないところですねぇ
境界線上のホライゾンには大きな謎がいくつかあったのですが、そのうちの2つが
担任オリオトライ・真喜子の過去。何者なのか。何故襲名者でもないのにこんなに強いのか
ミリアム・ポークウとは何者なのか。これはアニメ版で表札に違和感があったことから疑問が上がりました
その謎がⅩ下で真相編

・200Pに渡ってのミト・あさまのエロ
ミトより浅間の方がむっつりで回数多かったのが、やっぱりねという感じでしょうかw楽しめました
・トーリ復活祭
喜美の強さはでたらめですね。神も捕える強さで誾と二代が同時に相手しても届かない強さ
・人々の記憶から消えたミリアム・ポークウ
ミリアム・ポークウの正体がわかる過去編です
ホライゾンの歌やらもすべて伏線だったとは恐れ入りました
1_20180814223208c44.png
アニメでの表札のこのシーン。これは東の文字を消して自分の名前に塗り替えたんですね
・オリオトライ・真喜子の正体
その正体は十本槍にはいなかったトーリとホライゾンの娘
え?と思いましたけど、言われてみれば顔がトーリにそっくりだったり
未来では最初の処刑でホライゾンとトーリが死んでいて彼女なりに考えた結果。鍛錬が足りなかったという結論で
十本槍のメンバーとは別れ梅組の総合力を底上げするというのが彼女の考え方
そのかいもあり、ホライゾンとトーリは助かっています
母体としては喜美を使ったので真喜子という名前。剣術も喜美から習ったという
でもトーリの子供ならミトが匂いでわかりそうなものですが、どうなんでしょう
2_201808142232071df.png
アニメ3話で喜美に髪を櫛で梳いてもらいシーンがありますが、近所のおばちゃんとは未来での喜美のこと
この鎖は元はトーリが喜美に上げたもので、それをオリオトライに上げたのでしょう
現在では喜美がもっているので二つ存在してることになります。アニメスタッフ全部ネタバレ食らってたんですねw
・大和VS武蔵 再戦
ぐだぐだにならずあっさりでしたね。可児の相手は三巻に登場した源・義経ですね
死んだと思われてましたが、ひょっこりと。アニメ一話の冒頭の人だったりします。長寿族なのでロリババア
相手が悪すぎな可児は何もできずに敗北。なんでこんなとこにいるんだと
未来ではできなかったというミトの獣変調が現在でできたという話も良かったです
オリオトライVS石川に介入した喜美が石川を無拍子で瞬殺
オリオトライに剣術教えたのが喜美という話でしたが、現時点で剣術達人クラス。どんだけ強いんですかね
負けた羽柴勢は全てを武蔵勢に託し合流、最終章へ

次の巻からは親子の会話とかも見れるようになるのかな?楽しみで買いたくなりますが最終巻でるまで我慢

テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学


Category: 本レビュー  
321709000174.jpg
境界線上のホライゾンⅩ 中
めちゃくちゃ内容が濃いですね
十本槍の真相
二経文の真相
十本槍相対戦
武蔵轟沈
トーリ死亡
と900Pにまとめられてますがよく纏まってると思います
小六は直政の妹とちょっとびっくりしたのですが、妹こんなんなのかよと。しかも姉に全く執着してないし
片桐は鈴の息子ってことですが、未来では色々あったらしくまあ納得
自動人形の話が出ますが、これは終わりのクロニクルを読めばより楽しめると思います
創生計画とはようは終わりのクロニクル時代よりちょっと前?の状態に戻す計画なのかな
相対戦で面白かったのは糟屋VSあさまですかね。糟屋の性格もむき出しになってて楽しめました
次の巻は新武蔵建造とトーリ復活になるのかな

テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学


Category: 本購入  
購入メモ
ブギーポップ・ダウトフル 不可抗力のラビット・ラン
ブギーポップ・ビューティフル パニックキュート帝王学
螺旋のエンペロイダー Spin4.
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン XI 〈上〉
9月
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン XI 〈中〉
アクセル・ワールド23

境界線上のホライゾンは最終章らしいので下まででたらXIを一気に買う予定。たぶん12月かな

購入済み
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンX 上・中・下
5/1魔術士オーフェンはぐれ旅 魔王編 文庫版
6/1魔術士オーフェンはぐれ旅 手下編 文庫版

テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学


Category: 本レビュー  
1_20180804163228e35.jpg
この素晴らしい世界に祝福を!14 紅魔の試練
基本短編集みたいなものなので進んでいるのか進んでないのか。内容的には故郷に帰ってモンスター倒しただけですね
そこそこ面白かったですが260Pと短かく2度ネタが多かったような

テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学


プロフィール

                  

Author:                

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム