FC2ブログ

記録帖

基本的に自分が読み返す用の記録ブログ ゲーム感想・読んだ本(ラノベ中心)の感想・評価・購入履歴という感じの雑記

Category: お勧めもの  
エロゲ名作メモ

萌え文化以前のいわば旧作名作エロゲ(1996~2004くらい?
アリスソフト
鬼畜王ランス(1996)
ランスシリーズのすべてが詰まっている名作です。10の完結編がでましたが、全てのシナリオは鬼畜王が主軸になっています
DiaboLiQuE(1998)
デアボリカと呼ばれる不老長生種族が一人の人間に恋をし転生後も永遠に愛し続けるというシリアスストーリー
あんま話題に上らない作品なのですが、アリスソフトと言えばTOP5にはあげると思います
大悪司(2001)
大シリーズの最初にして一番面白い作品。エログロありの戦略シミュレーションゲーです
Rance VI -ゼス崩壊-(2004)
タイトルの通り、ゼス編。評価分かれると思いますがシナリオはかなりよかったですね
戦国ランス(2006)
タイトルの日本編です。大悪司以来の戦略シミュレーションゲームで今でも話題に上る作品
ランスシリーズを手掛けていたシナリオライターのとりさんがここらへんで引退したため、ここ辺りからランスシリーズは微妙に

Leaf
雫(1996)
毒電波というエロ電波を操る少女と主人公の物語。内容もちょっと電波なのですが、魅了されるシナリオです
痕(1996)
Leaf代表作品。鬼の一族物語とオカルト・ミステリー・伝承作品
ToHeart(1997)
普通?の学園恋愛ものなのですが、全てのキャラに個性があり濃くてはまりました
WHITE ALBUM(1998)
アイドルもの。あまり覚えてませんが名作だったのは覚えてます。2まだやってないな・・・

君が望む永遠(2001)
鬱ゲーと呼ばれてますがそこまで鬱ではないです。とあるルートのEDには泣かされると思います
Kanon(1999)
泣きゲーのジャンルを確立したげーと言われてます。すべてのキャラクリアしてからトゥルールートもこのゲームからだったような?
AIR(2000)
泣きゲーと言えば必ず上がる作品。KANONが冬ならAIRは夏をテーマにされています。
CROSS†CHANNEL(2003)
この作品でロミオのファンになりました。とある日常のループを繰り返すループもの
つよきす(2005)
タイトル通り、強気な女の子いわゆるツンデレをテーマにした作品。この頃から萌えとツンデレに火が付きましたね
School Days(2005)
アニメでも話題になりましたね。原作からアニメーションゲームとなってます。学園恋愛マルチエンディングゲーム
Fate/hollow ataraxia(2005)
stay nightはいまいちでしたが、こっちは好きです
2006~2010(エロゲ衰退期?)
マブラヴ オルタネイティヴ(2006)
マブラヴはやったことないのですが、鬱ゲーと聞いてオルタはやりました。超展開が好きな人にはお勧めです
G線上の魔王(2008)
まずOPがかっこいい。展開としてはありきたりな読める展開なのですが、演出が素晴らしくオチが読めたにも関わらず
ラストには感動しました
スマガ(2008)
めちゃくちゃ長いですが最後までやれば間違いなく名作と言えると思います。40時間かかるような長さだった気がする
なんの力も持たない主人公が何度死んでもくじけずやり直すループものです。
学園催眠隷奴~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~(2008)
エロゲーには大きく分けてシナリオ重視のいわばギャルゲーシナリオの申し訳程度にエロを入れた作品と
エロを中心にしシナリオはおまけ程度というジャンルに分かれています
これはいわゆる後者でタイトル通りの催眠もの。
催眠能力を手にした主人公が気に入らない女の子やら気になってた女の子やらまたまたモブカップルやらに催眠をかけ
やりたい放題するという作品
媚肉の香り ネトリネトラレヤリヤラレ
elf作品そこまでやったことないのですが、このゲームは本当に素晴らしかったです
エロ中心なのですがミステリー要素もありいい意味で予想を裏切られる展開が多かったです
シナリオライターってホント大事だなって思った作品でした。あ、タイトル通り寝取られダメな人はお勧めできません
闘神都市III(2008)
さすがアリスソフトというべきか。ランスシリーズやってる人にとっては間違いなくはまります
ランスシリーズは魔人の話になってるのですが、闘神都市は悪魔が中心
片霧烈火の曲は素晴らしい
リトルバスターズ!エクスタシー(2008)
リトルバスターズノーマルは評価低かったのですが、エクスタシーでの追加キャラ沙耶というキャラによって盛り返しました
真剣で私に恋しなさい!(2009)
名作かどうかといわれるとぎりぎり線を踏んでる作品。最後のトゥルーENDで評価しました
つよきすのたかひろの作品

2011~(低迷期?)
グリザイアの果実(2011)
名作に届かない良作くらいな作品ですが、キャラがいいので一応。アニメにもなりましたね
月に寄りそう乙女の作法(2012)
この頃になるとエロゲには見切りをつけてたのですが、シナリオがよくはまったゲームです
処女はお姉さまに恋してる以来の女装潜入ラブコメですかね
サクラノ詩(2015)
題材は絵、文学、建築、芸術
かつては天才と言われた主人公が挫折しもう一度絵に向き合っていく話です
文句なしの名作
ランス10(2018)
ランスシリーズ完結編。まともにやると100時間かかるというゲーム性
その後の2部も大満足でした

評価されてるここらへん
穢翼のユースティア
素晴らしき日々 ~不連続存在~
鬼ごっこ!
暁の護衛
もやったのですがテンプレシナリオが多い微妙作品だったので記事にもしていなかったり
素晴らしき日々 ~不連続存在~は哲学なんですかね・・・方向性がすごすぎて評価できませんでした
スポンサーサイト



テーマ : 美少女ゲーム    ジャンル : ゲーム


Category: お勧めもの  
いつかお勧め本まとめたいなというか自分用にまとめたいなと思ってるのですが
まあ、なかなかできないと言うか一回読んだらほとんど内容忘れないので必要ないというか
とりあえず、マリ見て殿堂入り
マリア様がみてる (コバルト文庫)マリア様がみてる (コバルト文庫)
(1998/04)
今野 緒雪

商品詳細を見る


Category: お勧めもの  
悪魔のミカタ―魔法カメラ (電撃文庫)悪魔のミカタ―魔法カメラ (電撃文庫)
(2002/02)
うえお 久光

商品詳細を見る

読み返してみた。これ完結して欲しかったなぁ
電撃文庫は売れなくなってきたら未完でも切るので嫌いです
内容を言うと
ある日悪魔がやってきて、道具を使用したので魂をもらいますとなんのこっちゃ?と主人公
どうやら悪魔は犯人がわからなくなんとなくで主人公が選ばれた様子
道具を使って殺した犯人を捜します。しかしそれは不可能殺人という話
久々に読みましたが、先入観にだまされましたね

うえおは好きな作家の一人で
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る

シフト〈1〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)シフト〈1〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)
(2008/06/10)
うえお 久光

商品詳細を見る

などもお勧めです。ただシフトも未完なんですよねぇ。紫色のクオリアは読み切りです
シフトは言ってしまえばアクセルワールドの元ネタと言ってもいい感じの話です

こういう未完多すぎたから電撃文庫新刊買うのやめたんですよね


お勧めライトノベル紹介

Category: お勧めもの  
お勧めのライトノベル紹介カテゴリ(2013年4/22更新

のうりん (GA文庫)のうりん (GA文庫)
(2011/08/12)
白鳥 士郎

商品詳細を見る

農業学校に僕の好きなアイドルが来たみたいな話です
話的には農業学校をギャグ編とし農業の大変さなどをシリアスパートと構成されてます。
ギャグはギャグなのですがぶっ壊れたギャグです。合う人合わない人いるかと思います。
パロがなければもっといいんですが、そこらへんは流行なのかな
シリアス編がとても面白いですね。
召喚教師リアルバウトハイスクール: 1 (富士見ファンタジア文庫)召喚教師リアルバウトハイスクール: 1 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/09/27)
雑賀 礼史、いのうえ 空 他

商品詳細を見る

富士見黄金時代によくあった主人公最強系の物語です。
地上最強の名を持った主人公ある理由からブラジルあたりにいたのですが恩師に呼ばれ母校へ。
常識離れしたスキルがなかなか笑えます。コメディーも面白いのでお勧め
ダークエルフの口づけ―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)ダークエルフの口づけ―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)
(2006/08)
川人 忠明

商品詳細を見る

ダークファンタジー物です。ダークというのは鬱とかではなくまあ鬱もありますが
ほんとに暗い話です。
しかしファンタジー好きならかなりお勧めだと思います
屈指の名作だと思います。

とらドラ!1 (電撃文庫)とらドラ!1 (電撃文庫)
(2006/03/25)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

恋愛青春物です。主人公龍司と手乗りタイガーの異名を持つヒロインを合わせとらドラ
お互い好きな人の親友を好きになり協力しようと組むとらドラ
コメディ大目、時にシリアス修羅場と大いに楽しめる作品です

キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫)キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫)
(2011/05/18)
赤月 カケヤ

商品詳細を見る

ネタバレになるのであまりいいたくないのですが、表紙がすべてです。
展開厨の私には大変満足できました。ガガガ文庫らしい作品だと思います
ミミズクと夜の王 (電撃文庫)ミミズクと夜の王 (電撃文庫)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る

無垢な少女ミミズクと魔物の王・夜の王の話

死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)
(2010/10/23)
野崎 まど

商品詳細を見る

タイトル買いした一冊でしたが、タイトルの通り楽しめました。
タイトルが気になった方はぜひともご購入を!
内容としては永遠の命を題材とし、物語が進んでいきます
話もまとまっており構成もよく文章力もあったのでとてもいい作品だったと思います

ダブルブリッド (電撃文庫)ダブルブリッド (電撃文庫)
(2000/02)
中村 恵里加

商品詳細を見る

「怪(あやかし)」と呼ばれる、人ならざるもの(妖怪?)の人とあやかしのハーフ片倉優樹と
「怪」の捕縛・捕殺の特殊隊山崎太一朗の物語を描いた一冊です。
怪と言っても国に安全だと認められたものは国から仕事をもらったり、学校へ行ったりし
逆に認可されてないものを捕縛・処理をします
こういったら騙された!っていわれるかもしれませんが私的にハートフルストーリーだと思いました
全体的に話がまとまっており、最終巻は4年という時間がかかっただけ納得できる感じの終わり方だったと思います。

レジンキャストミルク (電撃文庫)レジンキャストミルク (電撃文庫)
(2005/09)
藤原 祐

商品詳細を見る

異能力バトル系ラノベです。
鬱展開、しかしラブコメ?も楽しめるのでシリアスとラブコメ両方で楽しみたい方にお勧めです

神明解ろーどぐらす (MF文庫J)神明解ろーどぐらす (MF文庫J)
(2010/03)
比嘉 智康

商品詳細を見る

小学校・中学校の頃家が近く友達と下校が出来なかった男が高校生になり下校馬鹿になる話です
基本的には3人の美少女と下校しイチャイチャ?イベントラブコメですね。
コメディがかなり面白かったので殿堂入りです。軽いネタバレになってしまいますが
3巻辺りから展開が変わるのでそこら辺も殿堂入りのポイントとなりました
5巻で完結ですが萌えあり笑いありミステリーありと色々楽しめる作品でした
基本的にはラブコメなのでラブコメ好きな人にはお勧めかな?

瞳輝ける夜―ソード・ワールド短編集 (富士見ファンタジア文庫)
ソード・ワールド短編集、詳しくはwikiからどうぞ。
完全西洋ファンタジーです。主な登場種族は人間・ドワーフ・ハーフエルフ・モンスター・妖精等など
基本は冒険者などでダンジョン攻略し宝探し、その国の話などで詳しくはレビューに書いてあります
ファンタジー好きな人にはお勧めのシリーズ

しずるさんと偏屈な死者たち (富士見ミステリー文庫)しずるさんと偏屈な死者たち (富士見ミステリー文庫)
(2003/06)
上遠野 浩平

商品詳細を見る

上遠野 浩平 安楽椅子型探偵物です。
正直安楽椅子推理物でこれを超える物はないと思います。推理を楽しみたい人とブギーポップ好きな人にはお勧めのシリーズです。


クリス・クロス―混沌の魔王 (電撃文庫 (0152))クリス・クロス―混沌の魔王 (電撃文庫 (0152))
(1999/08)
高畑 京一郎

商品詳細を見る

高畑 京一郎の代表作です。次世代ゲームの抽選に当たった主人公
しかし、中の様子が何かおかしいと気が付く。ダメージをうけると激痛をうけやめることもできない
死の恐怖に耐えながらゲームクリアを目指す

タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))
(1999/05)
高畑 京一郎

商品詳細を見る

タイトル通りタイムリープの話です。衝撃とともにジャンプし事件に巻き込まれている明日。今日。昨日そんな感じ

きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)
(2003/11/08)
西尾 維新

商品詳細を見る


ミステリーの中で一番好きな作品です。というかタイトルの通り壊れた世界って感じ
で鬱系が好きな人にはかなりお勧めできます

ブギーポップは笑わない (電撃文庫 (0231))ブギーポップは笑わない (電撃文庫 (0231))
(1999/06)
上遠野 浩平

商品詳細を見る

"世界の敵"と戦うために一人の少女の中から浮かび上がってくる、ブギーポップと名乗る人格と、様々な夢や、希望や、あきらめや、悩みや、いろいろな思いを持っている少年少女達の物語
異能バトル物や様々なストーリーが魅力です


涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
(2003/06)
谷川 流

商品詳細を見る

ご存知の通りミステリーです。そんなに萌え成分はあまりなかったりします。
未来人、宇宙人、超能力者が集いハルヒに翻弄されるみたいな内容です

電波的な彼女 (電波的な彼女シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)電波的な彼女 (電波的な彼女シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/09/22)
片山 憲太郎

商品詳細を見る

堕花雨という女に前世の生まれ変わりなど言われ付きまとわれる主人公
そんな中巷で話題の事件に巻き込まれる。ミステリーのお勧めです

てめぇら、とっとと金返せ! (富士見ファンタジア文庫―魔術士オーフェン)てめぇら、とっとと金返せ! (富士見ファンタジア文庫―魔術士オーフェン)
(1996/02)
秋田 禎信

商品詳細を見る

私が思う一番のギャグラノベです。今のところこれを超える物はないと思います
はぐれ旅に出る前の話らしいです。無謀編はギャグ、はぐれ編はシリアスの本編という感じです

クイックセーブ&ロード (ガガガ文庫)クイックセーブ&ロード (ガガガ文庫)
(2009/08/18)
鮎川 歩

商品詳細を見る

ガガガ文庫当たり外れ多いのですが、これは個人的にかなりの当たりでした。タイムリープ物です
3巻で完結なのですがかなりうまくまとまってたと思います。
私が疑問に思ってたところをピンポイントで解決していて、中々すっきりした内容でした
ちょっと打ち切り気味に終わったのが残念ですが注目されなかったのですかね

踊る星降るレネシクル (GA文庫)踊る星降るレネシクル (GA文庫)
(2010/04/15)
裕時 悠示

商品詳細を見る

リアルバウトハイスクールベン・トーぶりに格闘ラノベを読んでかなり楽しんでます。
燃えラノベですね。

神様のメモ帳 (電撃文庫)神様のメモ帳 (電撃文庫)
(2007/01/06)
杉井 光

商品詳細を見る

ニートティーンストーリー。ライトノベルとしては非常に珍しく、ドラッグや暴力団といった現実的・都市的な脅威を描いている。
ドラッグの話は結構衝撃的でした。現在5巻まで出てますがコメディもあり結構幅広い人が楽しめると思います

僕は友達が少ない (MF文庫J)僕は友達が少ない (MF文庫J)
(2009/08/21)
平坂 読

商品詳細を見る

このライトノベルがすごい2010 2位の作品ですね
1巻あたりは時事ネタでちょっとつまらなくなってしまっていましたが(時事ネタなしでも面白いのに)
5巻当たりはそういうのがなくなっていて、すっきりして展開だけが楽しめる感じになってます
幅広い人が楽しめる作品だと思います

ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02/22)
アサウラ

商品詳細を見る

2010年度お勧めラノベ1位といってもいい感じの本です
半額弁当のために日々格闘
シリアス・コメディー・エロ・熱血が揃ってます。今後まだまだ期待ですね

丘ルトロジック  沈丁花桜のカンタータ (角川スニーカー文庫)丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ (角川スニーカー文庫)
(2010/10/30)
耳目口 司

商品詳細を見る

角川大賞の一冊です。
丘ルトって書いてるのにミステリーだと思って読んでたのでかなり唖然としましたw
かなり珍しいタイプのラノベなんじゃないでしょうか。納得の大賞でしたね

テーマ : ライトノベル    ジャンル : 小説・文学


プロフィール

                  

Author:                

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム