FC2ブログ

記録帖

基本的に自分が読み返す用の記録ブログ ゲーム感想・読んだ本(ラノベ中心)の感想・評価・購入履歴という感じの雑記

Category: 本レビュー  
1_20181107125235d62.png
完結してたことを知らなかったので読んでみました。アニメ1期しか見たことなかったので、17~52巻まで一気に
どういう話かというと前半はパロ満載の主従ギャグアニメです
主人公は1億5000万という親の負債を押しつけられ、それを拾ったのが主人公兼ヒロインのナギとなります
1部
前半はだらだらとパロ満載のギャグストーリーが続き、ナギの相続権の話になり相続権よりもハヤテを選ぶと言う
選択をし相続権を失い屋敷を出ていくことになります
理由はいかにも金持ちらしい理由で、与えられたものよりも自分で手に入れるのだ!見たいな。そんな理由

2部 ルカ編
出ていくとは言え住む所がないところにもう一人の執事から情報を得て
ムラサキノヤカタというナギの母親所有だったアパートに住むことになります
2部は思いっきり恋愛編ですね。あまり人気なかったみたいですがこの作者の恋愛はかなり楽しめました
本筋はナギは漫画家になるという話で同人誌を売ることになるのですが、アイドルである水蓮寺ルカと出会います
水蓮寺ルカも漫画オタクで同人誌を書いており、その才能はこのままやっていけば漫画家としても生きていけるほど
なんだかんだありナギとルカはハヤテを賭けて売り上げ勝負をします
結果ナギが勝つことになるのですが、ガチ恋愛模様でルカと結婚の話までしていたハヤテも放心状態で落ち込むほど
負けたというかアイドルをやめきれなかったルカは10年後アイドル引退し、もう一度勝負と宣言し去っていきます

3部
貧乏生活は飽きたといい屋敷を取り戻すべく相続権の復権を目指します
ここからはずっと本筋ですね。まず相続権条件ある宝玉を手に入れ後継者になるために鍵を手に入れる話
特に詳しく書く話でもないのでラストあたりの感想まで飛ばします
ハヤテのごとくはハーレム系なのですが告白して付き合いたいと思ってるヒロインが二人います
その一人が西沢歩
ハヤテの元同級生でハヤテがナギと出会った日もハヤテを探してたと言うヒロイン
もしその日でハヤテを見つけられていたら付き合い幸せになったであろうというIFの世界も描かれています
もう一人が桂ヒナギク
人気投票不動の1位白皇学院生徒会長。ネギまでいう神楽坂明日菜みたいなキャラです
しかしどうやっても付き合うことはないだろうと最後に告白する場面がありますが、玉砕場面もカットされてるのは
逆に微妙でした。振られて泣く場面まで描いてほしかったかな
三千院ナギ
メインヒロイン。他のキャラがどんだけ人気あろうがナギとくっつくんだろうなぁと予想できる内容です
とは言えこの漫画致命的な問題があったり。ナギと恋愛が発生してないという大問題です
主人公のはやてはナギに一切の恋愛感情を持っていなく、終盤はそれが大きな亀裂を産むことになります

ナギの世話係は二人いるのですが、ナギが知らない条件があり「ナギが成長するまで」という条件です
後半ナギは一人でこなすことができるように成長していきます
それを見てメイドのマリアは自分がナギの成長の阻害になると判断しナギのもとを去ります
ナギはふさぎ込むようになり、もうハヤテしかいないとなりますが、その矢先ハヤテは自分に恋愛感情を持っていなくハヤテも自分の元を去ることを知ってしまい、神の力を使い二人がいる永遠を作り出します。まあひきこもりなのですが
なんかんだで立ち直り、莫大な財産である後継者も破棄し一人で生きていくことを決め、ハヤテも解雇します

エピローグ2年後
同人仲間の友達3人と暮らしてるナギは料理も覚え友達に作ってあげるほどにまで成長し自立してます
2年間ハヤテが何をしてたか不明ですが戻ってきます。またマリアも自立したということで戻ってきます
あの屋敷で3人で永遠をと約束を守るために

終盤の駆け足見ると打ち切り臭さが拭えなかったですね。各サブヒロインのエピローグをしっかりやってほしかった
というか何故2年後。10年後くらいにして欲しかったような
ルカの10年後の約束の時それぞれ何をやっているのかみたいなエピローグを期待してました

作品というのは終わってこそ評価できると毎回書いてますが、ハヤテのごとく良かったのではないでしょうか
減点するべき場所は最後くらいですね
できれば新作はルカ編みたいな丸ごと恋愛みたいなのを書いてほしいものですが、新作のトニカクカワイイも微妙にずれてます

ちなみに好きなキャラは伊澄とルカです。最後の話で西沢が好きになりました。ヒナギクの人気はいまいちわからない

スポンサーサイト

テーマ : アニメ・コミック    ジャンル : アニメ・コミック


Comments

Leave a Comment

プロフィール

                  

Author:                

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム