FC2ブログ

記録帖

基本的に自分が読み返す用の記録ブログ ゲーム感想・読んだ本(ラノベ中心)の感想・評価・購入履歴という感じの雑記

Category: 雑記  

え?いまさら?とか思うんですけど、君の名はを見ました
新海誠作品は映像だけで見る価値があります
それなのに何故見なかったのかというと秒速5センチメートルのせいだったりしたのですが、終わり方が・・・ね

今回は日本ではありきたりの入れ替わりネタです。90年代からよくあったネタでしたが最近はありませんでしたね
ヒロインが来世はイケメンにーとかわけわからないこと言ったことでその土地の神だか何かがその願いを叶えます
主人公とヒロインが入れ替わり、そして何故か入れ替わったことを本人たちは忘れているが周りが覚えているので
入れ替わりが起きているという事実だけは認識します
ですが、ある日ぴったり入れ替わりがなくなり主人公はそのまま日々を過ごします

ヒロインのことが気になった主人公はヒロインを探し見つけるのですが、3年前に隕石が落ちたということで
ヒロインはすでになくなっていました。入れ替わりが起きてたのは3年前ではないので主人公がおかしいことに気がつきます
ヒロイン的には来世だったということですね

どうにかしてもう一度ヒロインと入れ替わり避難し被災者を助けたいと主人公はもう一度ヒロインと入れ替わることに成功します
が、結局助けられたのはヒロインだけ
そして主人公とヒロインはその記憶が消え去ってしまいます

社会人になり、何か探しているという感覚だけがずっと残っている日々
ある日ヒロインとすれ違いお互いを見つけENDという終わり方
バッサリですがストーリーはこんな感じでした

まず映像ですが、新海誠の良さが存分に出てて良かったかと。描写がまるで実写のようでした。隕石落ちるところが一番好きかな
ストーリーですがこれもまたいつも通りの新海誠節って感じですね。演出がほんとうまい
ラストがーっていう人いるかもしれませんが、あれ以上長くやると別れるとかやる監督なのであそこで終わったのは良かったと

同じストーリーを違う人がやるとたいしたことないものが出来上がるかもしれません
やはり映像演出ストーリーのバランスがいいんでしょうね。まさに新海誠を表してる作品だと思いました
スポンサーサイト

テーマ : 映画    ジャンル : 映画


Comments

Leave a Comment

プロフィール

                  

Author:                

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム